整形外科/リハビリテーション科/リウマチ科/通所リハビリテーション

ブログ

院長 松村成毅のブログです

「空腹こそ最強のクスリ」を読んで

こんにちは。愛知県一宮市にある整形外科・リハビリテーション科の森整形外科 松村成毅です。
青木厚氏の著書「空腹こそ最強のクスリ(株式会社アスコム)」を読みましたので紹介させていただきます。

本の中で青木氏は「何を食べるか」より「食べない時間(空腹時間)を増やす」ことに注力した方が人体にとってはるかに有益だ、と述べています。

今では1日3食しっかり食べることは常識となっていますが、これは明治時代以降の習慣であり、現代人にとって1日3食は摂り過ぎだというのです。そして医学的に正しい食事術とは、24時間のうち16時間の空腹時間をつくること。それを実践することで、疲れにくく集中力が増し、免疫力が上がり病気になりにくい、そして認知症や老化も防げるというのです。

その根拠は「オートファジーの活性化」。オートファジーとは、古くなった細胞が新しく生まれ変わること。16時間の空腹時間をつくることで細胞が飢餓状態に陥り、オートファジー機能が活性化されるそうです。


一宮市森整形外科の記事「空腹こそ最強のクスリ」の食べ過ぎのイメージ写真

私自身、お昼ご飯を食べるとなんとなくパフォーマンスが落ちるのを感じていて、数年前から1日2食にしていました。まわりの人には「お昼ご飯食べなくて大丈夫?倒れるよ。」と数多く言われてきましたが、本書を読み1日3食必ずしも食べる必要はなく、またその方が細胞の活性化につながることがわかりました。ただ厳密には空腹時間が16時間確保できていない時もあるので、これからは時間も意識した1日2食を実践していきたいと思います。

みなさんも興味があれば是非一読してみてください。また気になる健康法などあれば発信させていただきますね!


お問い合わせ

森整形外科へのお問い合わせは

スマートフォンはタップで発信します

この番号で診療予約は出来ません

対応時間

平日 9:00〜12:00/16:30〜19:30
土曜 9:00〜13:00

介護事業所
元気モリ盛おでかけサロンへのお問い合わせは

スマートフォンはタップで発信します

対応時間

平日 9:00〜18:00

見学・体験も受付中です!

ページの先頭へ